小春どうぶつ病院は、ご来院いただいた方が「小春日和」のような暖かい気持ちになれるような「ホームドクター」を目指しています。

病気の治療はもちろん、病気にならないための予防管理を通して「やさしい動物医療」の提供を心がけています。



院長・獣医師  春田 憲一

略歴
千葉県内3病院に6年間勤務、犬・猫の他にウサギ・モルモット・ハムスターなどの小動物の臨床を経験。
日本獣医生命科学大学付属動物病院循環器科 研究生として1年間、専門分野を勉強。

 

                                                                 BLOG2.GIF  







獣医師・獣医学博士 春田(柴田) 明子
略歴
日本獣医畜産大学獣医学博士課程終了後、農林水産省動物検疫所に就職。関西空港および成田空港にて動物検疫業務に従事し、その後、夫と共に小春どうぶつ病院を開業。

これまでは病気から動物たちを守る仕事をしてきました。これからは飼い主様と一緒に、動物たちの治療と健康な体作りに取り組んでいきたいです。



スタッフ

・看護師       水本翔子 細口美咲 北村きり 宮楓r
・トリマー兼看護士   荒木祐子  村上ゆかり 兼坂晴美 中山愛



各部屋をクリックすると詳細がご覧になれます


大きくとった窓から暖かい自然光が降り注ぎます。
大きいワンちゃんがゆっくりできるよう、ネコちゃんやウサギさんが距離を置いてお待ちになれるようにゆとりある空間をご用意しています。



受付右手にはお会計中にワンちゃんをつないで置けるようにリードフックを設置してあります。



体重が一目でわかるような診察台があり、身体検査や簡単な処置はこちらでおこないます。



怪我・化膿箇所の洗浄、歯石除去などを行う処置台があります。
その他、各種検査機器による検査を行います。



ガス麻酔器、麻酔生体モニター、電気メス、滅菌機など備えており、安全性が高く負担の少ない手術を心がけています。



レントゲンの撮影を行う部屋です。



下は連結可能で大型犬も寝られる大きさになります。
処置室に設けられた大き目の窓からいつでも中の様子が伺えるようになっています。



犬とは完全別室で、距離も離れているため、ワンちゃんの苦手な猫ちゃんでも安心してもらいやすい環境作りに気を配っています。



大型犬でも入れるドッグバス、スタンド式のドライヤーを備え、ニーズに応えられるようなサービスの提供を心がけています。
薬浴サービスも行っています。



トイレ入り口脇にもリードフックをご用意しております。